テーマ・目的

飯田下伊那診療情報連携システム[ism-Link]とは?

新着情報

ホームページを開設しました

飯田下伊那診療情報連携システムは、地域の皆様に広く医療介護情報連携システムのサービスをご利用いただくためにホームページを開設しました。 地域の皆様に愛されるシステムを目指して運営してまいりますので、多くの皆様のご利用をお […]

ごあいさつ

南信州在宅医療・介護連携推進協議会 会長 牧野 光朗

『地域包括ケアシステム』は、団塊の世代が75歳以上となる2025年を目途に、重度な介護を必要する状態となっても住み慣れた地域で自分らしい暮らしを人生の最後まで続けることができるよう、医療・介護・予防・住まい・生活支援が包括的に確保される体制を実現するための情報共有・連携のシステムです。

この『地域包括ケアシステム』がスムーズに実現できるように、南信州の構成市町村と、飯田医師会をはじめとした地域の医療・介護の関係機関・団体の方々と、『南信州在宅医療・介護連携推進協議会』を平成28年4月25日に発足し、介護保険法の地域支援事業にある8つの事業項目を平成30年4月に完全実施できるよう、専門部会や小委員会にて協議をしてきました。またこのほかにも、課題の内容により、それぞれの専門の方々を交えてワーキンググループ会議を開催する等、よりよい『地域包括ケアシステム』を実現できるよう取り組んできました。

この取り組みの中で医療関係者及びケアマネジャーを中心に在宅療養支援チームの方々と検討・協議の結果、情報連携のための『退院調整ルール』をつくりました。
このホームページでは、『退院調整ルール』による患者情報を多職種間で共有するための『連携シート』との活用方法と、これらの情報をICT(情報伝達技術)の利用で素早くスムーズにコミュニケーションが取れるようにする『飯田下伊那診療情報連携システム[ism-Link]』(イズム・リンク)の活用方法を紹介します。

このシステムを地域全体で安心して暮らせるようにご活用いただくとともに、皆様のご意見・ご協力により、さらに使いやすい、より良い『地域包括ケアシステム』となりますよう、よろしくお願いいたします。

南信州在宅医療・介護連携推進協議会 会長 牧野 光朗
お問い合わせ

メールでのお問い合わせは、はじめにこちらのフォームからお願いします。